• サイトマップ
  • アクセス
  • English


メンバー

新冨 圭史 (しんとみ けいし)

研究の興味

ゲノムの複製と分配の制御メカニズムとその初期胚における特殊性

学歴

2000 東京工業大学生命理工学部生体機構学科卒業
2005 東京工業大学大学院生命理工学研究科生命情報専攻博士課程修了(博士(理学)取得)

このページのトップへ

研究歴/職歴

2005-07 米国コールド・スプリング・ハーバー研究所 Postdoctoral Fellow
2007-11 理化学研究所 博士研究員
2011-18 理化学研究所 研究員
2018-現在 理化学研究所 専任研究員

このページのトップへ

受賞・学会活動等

2007-10 理化学研究所基礎科学特別研究員(フェローシップ)
2008 理化学研究所研究奨励ファンド
2010 理化学研究所研究奨励賞
2003- 日本分子生物学会会員

このページのトップへ

発表論文

  • Shintomi, K. and T. Hirano. (2018). Reconstitution of mitotic chromatids in vitro. Curr Protoc Cell Biol. 79:e48.
    PMID: 29924489
  • Shintomi, K. and T. Hirano. (2017). Mitotic chromosome assembly in vitro: functional cross talk between nucleosomes and condensins. Cold Spring Harb Symp Quant Biol. pii: 033639. doi: 10.1101/sqb.2017.82.033639.
    PMID: 29118204
  • Shintomi, K., F. Inoue, H. Watanabe, K. Ohsumi, M. Ohsugi and T. Hirano. (2017). Mitotic chromosome assembly despite nucleosome depletion in Xenopus egg extracts. Science. 356:1284-1287.
    PMID: 28522692
  • Shintomi, K. and T. Hirano. (2017). A sister chromatid cohesion assay using Xenopus egg extracts. Methods Mol Biol. 1515:3-21.
    PMID: 27797070
  • Shintomi, K., T. S. Takahashi, and T. Hirano. (2015). Reconstitution of mitotic chromatids with a minimum set of purified factors. Nat Cell Biol. 17:1014-1023.
    PMID: 26075356
  • Yamashita, D., K. Shintomi, T. Ono, I. Gavvovidis, D. Schindler, H. Neitzel, M. Trimborn and T. Hirano. (2011). MCPH1 regulates chromosome condensation and shaping as a composite modulator of condensin II. J Cell Biol. 194:841-854.
    PMID: 21911480
  • Shintomi, K. and T. Hirano. (2011). The relative ratio of condensin I to II determines chromosome shapes. Genes Dev. 25:1464-1469.
    PMID: 21715560
  • Shintomi, K. and T. Hirano. (2010). Sister chromatid resolution: a cohesion releasing network and beyond. Chromosoma. 119:459-467.
    PMID: 20352243
  • Shintomi, K. and T. Hirano. (2009). Releasing cohesin from chromosome arms in early mitosis: opposing actions Wapl-Pds5 and Sgo1. Genes Dev. 23:2224-2236.
    PMID: 19696148
  • Shintomi, K. and T. Hirano. (2007). How are cohesin rings opened and closed? Trends Biochem Sci. 32:154–157.
    PMID: 17320400
  • Shintomi K., M. Iwabuchi, H. Saeki, K. Ura, T. Kishimoto and K. Ohsumi. (2005). Nucleosome assembly protein-1 is a linker histone chaperone in Xenopus eggs. Proc Natl Acad Sci U S A. 102:8210–8215.
    PMID: 15928086

このページのトップへ

日本語総説

  • 新冨圭史、平野達也(2017)分裂期染色体をつくるためにヌクレオソームは本当に必須なのか? ライフサイエンス 新着論文レビュー http://first.lifesciencedb.jp/archives/16664
  • 新冨圭史、平野達也(2015)試験管内反応から見えてきた分裂期染色体構築のメカニズム. 細胞工学 34:1034-1039.
  • 新冨圭史、平野達也(2015)精製タンパク質を使って分裂期染色体をつくる. ライフサイエンス 新着論文レビュー http://first.lifesciencedb.jp/archives/10435

このページのトップへ


独立行政法人 理化学研究所 平野染色体ダイナミクス研究室 〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1
Copyright RIKEN, Japan. All rights reserved.

RIKEN