分子反応と細胞行動の関係を飛躍なく説明したい。私達は、細胞内1分子計測技術を始めとする顕微計測・細胞工学・生体システムの再構成・反応ネットワークの数理解析・計算機実験などの技術開発と、それらを応用した研究を通じて、蛋白質分子から分子システム、細胞、そして細胞間相互作用の各階層において、生体システムが有する情報処理機能の性質とその発現機構を解明することを目指しています。

更新履歴

 

2022年

6月27日
荒田さんの論文のプレスリリース
「インシュリン・糖代謝による動物の日常行動の制御
-糖尿病における行動のリズム異常のメカニズム解明に期待-」
 
 
6月22日
荒田さんの論文が掲載されました
Arata, et al
"Insulin signaling shapes fractal scaling of C. elegans behavior"
Sci. Reports, 2022, vol. 12, 10481.
https://doi.org/10.1038/s41598-022-13022-6
 
 
3月3日
岡本さんの論文が掲載されました
Nakagawa, et al
"Amyloid conformation-dependent disaggregation in a reconstituted yeast prion system"
Nat. Chem. Biol., 2022, vol. 18, pp.321-331.
https://doi.org/10.1038/s41589-021-00951-y
 
 
2月1日
岡本さんの論文が掲載されました
Heo et al.
J. Phys. Chem. Lett. 2022, vol. 13, pp.1249–1257
https://doi.org/10.1021/acs.jpclett.1c03787
 
 
2月1日
柳川さんの論文が掲載されました
Kawakami et al.
"Heterotrimeric Gq proteins act as a switch for GRK5/6 selectivity underlying β-arrestin transducer bias"
Nature Communications 13(1) 2022
DOI: 10.1038/s41467-022-28056-7

2021年

12月3日
荒田さんの論文がbiorxivに掲載されました
Yukinobu Arata, Itsuki Shiga, Yusaku Ikeda, Peter Jurica, Hiroshi Kimura, Ken Kiyono, Yasushi Sako
“Fractal scaling of C. elegans behavior is shaped by insulin signaling”
biorxiv 2021
 
 
11月25日
柳川さんの総説(日本語)が掲載されました
柳川 正隆, 佐甲 靖志
「Gタンパク質共役型受容体の生細胞1分子計測を薬効薬理評価に応用する 」
生物物理 61(6) 366-369 2021
 
 
11月10日
阿部さんの論文のプレスリリース!: 指定難病に関わるタンパク質が脂質の二重層内移動を促進 -病態に関わる脂質移動の新しいメカニズムの解明-
 
 
11月9日
阿部さんの論文が掲載されました
Mitsuhiro Abe, Asami Makino, Motohide Murate, Françoise Hullin-Matsuda, Masataka Yanagawa, Yasushi Sako, Toshihide Kobayashi
"PMP2/FABP8 induces PI(4,5)P2-dependent transbilayer reorganization of sphingomyelin in the plasma membrane"
Cell Reports 37(6) 109935-109935 2021
 
 
10月1日
柳川さんの共著論文が掲載されました。
Keiichi Kojima, Yuki Matsutani, Masataka Yanagawa, Yasushi Imamoto, Yumiko Yamano, Akimori Wada, Yoshinori Shichida, Takahiro Yamashita
"Evolutionary adaptation of visual pigments in geckos for their photic environment"Science Advances 7(40) 2021
DOI: 10.1126/sciadv.abj1316
 
 
8月6日
桑島さんの論文が掲載されました。
Yutaro Kuwashima, Masataka Yanagawa, Mitsuhiro Abe, Michio Hiroshima, Masahiro Ueda, Makoto Arita and Yasushi Sako
"Comparative Analysis of Single-Molecule Dynamics of TRPV1 and TRPV4 Channels in Living Cells" Int. J. Mol. Sci. 2021, 22(16), 8473;
https://doi.org/10.3390/ijms22168473
 
 
7月29日
秋山さんの論文が掲載されました。
Momoko Akiyama, Ryosuke Ueki, Masataka Yanagawa, Mitsuhiro Abe, Michio Hiroshima, Yasushi Sako, Shinsuke Sando
"DNA-Based Synthetic Growth Factor Surrogates with Fine-Tuned Agonism" Angewandte Chemie International edition
https://doi.org/10.1002/anie.202105314
 
 
7月29日
プレスリリース:細胞シグナルを精密に制御する、スマートな人工細胞増殖因子の開発に成功―低副作用の再生医療の実現に貢献する分子技術―
https://www.amed.go.jp/news/release_20210802.html
 
 
7月7日
廣島さんの記事が掲載されました。
Michio Hiroshima, Yasushi Sako
In-Cell Single-Molecule Analysis of Molecular State and Reaction Kinetics Coupling
https://link.springer.com/book/10.1007/978-981-33-6064-8
 
 
7月7日
阿部さんの記事が掲載されました。
Mitsuhiro Abe, Toshihide Kobayashi
Imaging Sphingomyelin- and Cholesterol-Enriched Domains in the Plasma Membrane Using a Novel Probe and Super-Resolution Microscopy
https://link.springer.com/book/10.1007/978-981-33-6064-8
 
 
5月29日
柳川さんの論文が掲載されました。
Yanagawa M., Sako Y.  Workflows of the Single-Molecule Imaging Analysis in Living Cells: Tutorial Guidance to the Measurement of the Drug Effects on a GPCR. (2021) In: Kim SB. (eds) Live Cell Imaging. Methods in Molecular Biology, vol 2274. Humana, New York, NY.
https://doi.org/10.1007/978-1-0716-1258-3_32
 
 
4月22日
柳川さんの総説(日本語)が掲載されました。
「GPCRの細胞内1分子イメージング」
柳川正隆, 佐甲靖志
月刊「細胞」2021年 5月号

 

採用情報

メンバーを随時募集しております。
メールにてお問い合わせください。

 

リンク

理化学研究所・独創的研究課題「脂質の統合的理解」ホームページへのリンクです