English
スピンダイナミクス スピン流 スピン移行 スピン操作 スピン源 理論計算

  1. 大谷 義近, 木村 崇,
    非局所手法を用いたスピンホール効果の電気的検出(招待講演),
    第2回スピントロニクス研究会, 東京, 2006年10月.


  2. 大谷 義近,
    金属系におけるスピンホール効果の電気的検出(招待講演),
    東北大学電気通信研究所 共同プロジェクト研究会「スピンエレクトロニクスの新展開」, 東北大学, 仙台, 2006年9月.


  3. 廣畑 貴文, 楊 涛, 木村 崇, 大谷 義近,
    Cuナノリングにおけるスピン偏極電流の干渉効果,
    日本物理学会2006年度秋季大会, 千葉大学, 千葉, 2006年9月.


  4. 柴田 絢也, 多々良 源, 河野 浩, 大谷 義近,
    電流駆動磁壁運動に対するスピン波の効果II,
    日本物理学会2006年度秋季大会, 千葉大学, 千葉, 2006年9月.


  5. 原 正大, 大谷 義近,
    二次元電子ガスを用いた磁気ディスクにおける磁化過程の検出,
    日本物理学会2006年度秋季大会, 千葉大学, 千葉, 2006年9月.


  6. 木村 崇, 大谷 義近, 佐藤 孝哉, 高橋 三郎, 前川 禎通,
    スピンホール効果からの電気的検出:スピン流から電荷流 電荷流からスピン流,
    日本物理学会2006年度秋季大会, 千葉大学, 千葉, 2006年9月.


  7. 石田 俊樹, 木村 崇, 大谷 義近,
    ジャイロベクトルを制御した磁気渦構造におけるスピントルク,
    日本物理学会2006年度秋季大会, 千葉大学, 千葉, 2006年9月.


  8. 佐藤 孝哉, 木村 崇, 大谷 義近,
    NiFe/Cu 及び Co/Cu 面内スピンバルブ素子における磁気伝導特性,
    日本物理学会2006年度秋季大会, 千葉大学, 千葉, 2006年9月.


  9. 廣畑 貴文, 楊 涛, 木村 崇, 大谷 義近,
    非磁性体ナノリング中でのスピン偏極電流の干渉効果,
    第30回日本応用磁気学会学術講演会, 島根大学, 松江, 2006年9月.


  10. 楊 涛, 廣畑 貴文, 木村 崇, 大谷 義近,
    Estimating the respective contributions of spin accumulation and spin-polarized current to the spin torque,
    第30回日本応用磁気学会学術講演会, 島根大学, 松江, 2006年9月.


  11. 正木 博明, Roman Antos, 柴田 絢也, 石田 俊樹, 木村 崇, 大谷 義近,
    静磁結合した磁気渦の挙動 -カイラリティーの影響- ,
    第30回日本応用磁気学会学術講演会, 島根大学, 松江, 2006年9月.


  12. 木村 崇, 大谷 義近,
    二重スピン注入による非磁性層スピン蓄積状態の制御,
    日本物理学会第61回年次大会, 愛媛大学・松山大学, 松山, 2006年3月.


  13. 廣畑 貴文, 楊 涛, 木村 崇, 大谷 義近,
    Cuナノリングにおけるスピン偏極電流の量子干渉効果,
    日本物理学会第61回年次大会, 愛媛大学・松山大学, 松山, 2006年3月.


  14. 原 正大, 柴田 絢也, 木村 崇, 大谷 義近,
    楕円強磁性体リングにおける対ナノ磁壁の回転運動,
    日本物理学会第61回年次大会, 愛媛大学・松山大学, 松山, 2006年3月.


  15. 柴田 絢也, 多々良 源, 河野 浩, 大谷 義近,
    電流駆動磁壁に対するスピン波の効果,
    日本物理学会第61回年次大会, 愛媛大学・松山大学, 松山, 2006年3月.


  16. 石田 俊樹, 木村 崇, 大谷 義近,
    スピン偏極電流による連結磁気円盤の磁区構造制御,
    日本物理学会第61回年次大会, 愛媛大学・松山大学, 松山, 2006年3月.


  17. 大谷 義近,
    非局所的に誘導されたスピン流による磁化反転(招待講演),
    第53回応用物理学関係連合講演会, 武蔵工業大学, 東京, 2006年3月.


  18. 大谷 義近, 木村 崇,
    スピン流を用いた磁化状態操作(招待講演),
    日本応用磁気学会第145回研究会, 第10回スピンエレクトロニクス専門研究会, 東京, 2006年1月.

トップページ