創薬・医療技術基盤プログラム

新型コロナウィルス(COVID-19)特別プロジェクト

 

概要

理化学研究所 創薬・医療技術基盤プログラムでは、中国武漢における流行に端を発した新型コロナウィルス(SARS-CoV-2, 疾患名COVID-19)の世界的な大流行に対応するために、理化学研究所のライフ系の各センター(環境資源科学研究センター、生命機能科学研究センター、生命医科学研究センター、医科学イノベーションハブ推進プログラム)に設置されている創薬・医療技術基盤、及び外部の研究機関と連携して治療薬の研究を開始しました。

 ターゲットとしては、3CL protease(Main protease)、Papain like protease, RNA dependent RNA polymerase, TMPRSS2, S protein, E proteinを想定しており、日本国内及び世界における他グループの動向もウォッチしつつ、相互補完的に進めます。特に、理化学研究所が得意とする、構造生物学によるタンパク質構造解析、計算科学による分子シミュレーションやAI予測、人工アジュバントベクター細胞による免疫療法等の技術を結集して創薬研究を加速します。

 治療薬の戦略としては、すぐに臨床応用可能な既存薬からのdrug repositioningに加えて、開発に期間を要する新規な低分子薬、免疫療法についても研究を開始します。SARS-CoV-2及びその変異体が、今後長い期間あるいは数年ごとに大流行する可能性を念頭に患者さんが必要とする形態の治療法の研究を進めます。 また、理化学研究所COVID-19 特別プロジェクトでは、プロジェクト内での治療薬の研究開発だけではなく、その過程で得られる実験結果や計算結果について適宜公開し、グローバルにおける研究開発を支援することも重要視しており、適宜ホームぺージから情報を発信しています。

 本研究は人類共通の危機に対応することを目的としており、共同研究・連携は積極的に進めたいと考えています。連携をご希望の方は、下記までお問い合わせください。

<お問い合わせ先>
   理化学研究所 科技ハブ産連本部 創薬・医療技術基盤プログラム
   住所:〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22
   Mail: pharma-support"at"riken.jp ("at"を@に変換して下さい。)

理化学研究所からのCOVID-19に関する情報発信(新着順)

・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療薬設計に役立つウイルスタンパク質と治療薬候補化合物の相互作用データを公開(プレスリリース)

・新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)メインプロテアーゼの分子動力学シミュレーションデータを公開(プレスリリース)

・薬へ前進?新型コロナの「はさみ」の動きをシミュレーション(テレ東NEWS)