〒351-0198
埼玉県和光市広沢2-1
理化学研究所 開拓研究本部
今本細胞核機能研究室
Tel: 048-467-9749
Fax: 048-462-4716
E-mail: nimamoto _at_ riken. jp

トピックス

過去のトピックス

2010,3.26 Research Highlights “‘Cell surgery’ using nano-beams”
2009,8. IPAのMichaela CleverさんがRIKEN Noyori Summer Schoolでポスター賞を受賞しました
2008,12.24 播磨放射光科学総合研究センターとの共同研究の成果がプレスリリースされました
2008,7.11 RIKEN Research Highlights “Transport proteins make special deliveries”
同邦訳「輸送の担い手に予想外の機能」
2006,11. 理研ニュース
研究最前線「細胞核を知り、生命現象を読み解く」

その他のトピックス

私たちの研究成果がJournal冊子の表紙で紹介されています。

 

Furuta et al (2004) Cover

Nishino et al., (2009) Cover Maeshima et al., (2010) Cover
Furuta et al (2004) Nishino et al., (2009) Maeshima et al., (2010)

今本研が主催した理研セミナー

2013年9月13日 Prof. Martin Beck
(European Molecular Biology Laboratory (EMBL), Germany)
"Cell type-specific nuclear pores: A case in point for context-dependent
stoichiometry of molecular machines"
2013年4月15日 前島 一博 教授
(国立遺伝学研究所生体高分子研究室)
「細胞の中のクロマチンの構造とダイナミクス」
2013年4月5日 浅利 宗弘 博士
(カリフォルニア大学)
「細菌の自己組織化:細胞死と力」
2013年3月8日 吉村成弘 准教授
(京都大学大学院生命科学研究科)
「核膜孔複合体を介した物質輸送に関する分子基盤の理解」
2013年2月4日 内原 俊記 博士
(東京医学総合研究所)
「ヒト神経疾患脳にみる核形態変化」
2012年4月17日 Dr. Gregory W. Moseley
(Nuclear Signaling Laboratory, Department of Biochemistry and Molecular Biology, School of Biomedical Sciences Monash University, Australia)
"Subcellular trafficking of viral interferon antagonists: Role in immune evasion and viral pathologenicity"
2011年6月23日 Dr. Anita Corbett
(Emory University, School of Medicine, USA)
"Mutation of a zinc finger Poly(A) RNA binding proteins causes autosomal recessive intellectual disability in a Drosophila model: a critical role of poly(A) tail length control"
2010年10月5日 原田 昌彦 博士
(東北大学 大学院農学研究科 分子生物学分野)
「細胞核の構造と機能:アクチンファミリーからのアプローチ」
2010年10月4日 Dr. Mary Dasso
(Laboratory of Gene Regulation and Development NICHD, NIH, USA)
"Regulating mitotic kinetochore function through SUMO and Ran"
2010年5月24日 Dr. Doye Valerie
(Institut Jacques Monod, CNRS-University, France)
"Multiple and unexpected functions of nucleoporins throughout the cell cycle"
2010年3月4日 小迫 英尊 博士
(徳島大学 疾患酵素学研究センター 疾患プロテオミクス研究部門)
「リン酸化プロテオミクスで明らかとなったERK MAPキナーゼによる核膜孔複合体の機能制御」
2009年1月14日 今崎 剛 博士
(Indiana University School of Medicine, USA)
"Mediator, central regulatory complex in eukaryotic gene expression"
2008年10月15日 Dr. David A. Jans
(Nuclear Signaling Laboratory, Department of Biochemistry and Molecular
Biology, Monash University, Australia)
"Nuclear targeting of chromatin remodeling factors; developmental
switches in the mammalian testis"
2008年7月2日 Dr. Karsten Weis
(Department of Molecular & Cell Biology Life Sciences, University of
California, Berkeley, USA) "The role of Ndc1 in nuclear pore complex assembly"
2008年3月12日 西本 毅治 博士
(九州大学名誉教授/ 九州大学大学院システム生命科学府長)
"Nuclear Function of Ran GTPase"
2007年12月10日 槇尾 匡 博士
(Department of Cell Biology, University of Alberta, Canada)
「出芽酵母における核膜孔複合体形成機構」
2007年8月28日 Dr. Isabelle Vernos
(Cell and Developmental Biology Program, CRG
(Center for Genomic Regulation, Spain)
"Centrosomal and acentrsomal pathways for microtubule
assembly in M-phase:mechanism and regulation"
2006年11月24日 Dr. Susan M. Gasser
(Friedrich Miescher Institute for Biomedical Research, Switzerland)
"The functional impact of nuclear organization"
2006年1月10日 Dr. Murray Stewart
(MRC Laboratory of Molecular Biology, UK)
"Structural basis for the Nuclear protein import cycle"
2005年10月6日 Dr. Shelley Sazer
(Department of Biochemistry and Molecular
Biology Baylor College of Medicine,USA)
"The fission yeast nucleus:mitotic division,
protein import and the spindle assembly checkpoint"
2004年12月20日 松浦 能行 博士
(Division of Structural Studies, MRC Laboratory of Molecular Biology, UK)
「核外移行複合体の結晶構造解析」

ページ先頭へ戻る