開催趣旨

生命科学の発展に異分野の視点を取り込んでいくことの重要性が謳われて久しい。本年度の日本生化学会関東支部例会では、細胞の司令塔として働く細胞核にまつわる様々な話題を取り上げます。解析対象や解析手法の違いだけでなく、同一の解析対象に対して異なる目標を設定している研究があります。異なる分野の第一線で活躍されている研究者に話題を提供して頂く。

 

特別企画

「DNAがどのように折り畳まれているのか」といった問題に、細胞内の染色体ダイナミクス、理論生物とDNA物性、医学応用を目的としたバイオマテリアルの観点から取り組んでおられる研究者を招き、異分野交流のセッションを企画します。

 

企画講演

核の関連した問題を幅広くとりあげ、生化学、分子細胞生物学に加え、プロテオミクスやウィルスを利用したアプローチの話題があり、バリエーションに富んだセッションになります。

 

世話人  

代表:今本 尚子(独立行政法人理化学研究所 基幹研)
   下仲 基之(東京理科大学 理学部化学科)
   木村 誠(独立行政法人理化学研究所 基幹研)

日本生化学会関東支部長
   嶋田 一夫 (東京大学大学院 薬学系研究科)